掲載のポイント

掲載する写真について

広告掲載サイトに掲載する写真は、できればプロのカメラマンが撮影したものが理想です。
インターネット上では写真でお店やサービスのイメージが大きく左右されます。
過去にプロが撮影した写真などがあれば、流用しましょう。

デジカメ写真は明るさに注意

もしプロの撮影した写真を用意できない場合は、自分で撮影するか、前に撮影した写真を使用する事になります。
デジカメや携帯で撮影した写真の場合は、一般的に光が足りなくて暗いイメージになってしまいがちです。
エンドユーザーはサイトに掲載されている写真を見てイメージし、判断基準とするため、
写真の明るさや清潔感はとても大事になりますので、できるだけ写真を明るくしたり、トリミングができるソフトやサービスを利用しましょう。

また、撮影時には自然光の下で撮影すると、きれいな写真が撮りやすくなります。
スタッフ写真や小物の撮影時など、十分な照明器具が準備できない場合は、
外で撮影してみると良い結果になりやすいのでお試しください。

掲載する写真の明るさを少し調整するだけで、ガラッと伝わる印象は変わってしまいます。
画像を明るく加工したりするソフトは、フリーソフトでいくつか使えるものがありますので、
画像編集や画像加工のフリーソフトの紹介から自分に合ったソフトやサービスを利用してみてください。

他店舗やライバルとの差別化を考えよう

掲載されれば終わりではありません。せっかく原稿を書いたり写真を用意したりいくつかの努力をするのであれば、
そのパフォーマンスを最大に活かしたいところです。

そのサイトを見るエンドユーザーの気持ちになってみて、いかにうまく目立たせるか、クリックさせるかを考えましょう。

たとえば写真が掲載できる場合、店内写真などがどの店舗も同じように並ぶサイトでは、
いかにオリジナリティを出すかによって、クリックされる確率が左右されます。

たとえば、ライバルが『店内の写真』ばかりであれば、あえて『スタッフの集合写真』にしてみるなど、
工夫をする事で無料掲載の効果がさらにアップします。

掲載する文章・原稿について

掲載情報を入力する女性掲載する文章は、複数の無料登録サイトに登録する場合、サイトの掲載可能な文字数やライバル店の掲載の仕方などを参考に、掲載サイトごとにその都度違う文章にするのが理想です。

あまり時間をかけれない場合は、いったん原稿をワードやメモ帳、メールなどに保存をしておいて、
コピー&ペーストで効率的に行うのも結構ですが、できれば少しずつ違う文章にするのが、昨今の検索エンジンには好まれるようです。

料金や期間の掲載は注意が必要

失敗したやっちまった画像文章内に料金に関する記述をする場合は、のちに料金変更があった場合、掲載内容を修正する必要がでてきます。
ある日突然『●●のサイトを見て』と問合せが来て、『1000円って書いてあるじゃないですか?』など、昔の料金をエンドユーザーに迫られるようなトラブルに発展しないよう、なるべく料金に関する記述は控えるようにするのが無難です。
特に無料掲載サイトに登録した場合、後の管理はずさんになりがちなので、料金の記述は注意しましょう。

また、4月15日~5月19日まで・・・など、日時や期間を掲載する場合も、1年後、2年後にもその時の内容が残る場合があり、修正がが必要になるので十分計算して掲載に望んでください。

タダノリの輪を広げよう♪


MyList

close